メニュー

WP版キャラチョコブック

Chocobanditz ONLINE

ページトップ

ページボトム

メニュー

Chocobanditz ONLINE

閉じる

DESIGN TIPS Webデザイン

JPEGマスクを利用した画像圧縮の方法-Fireworksテクニック-

投稿日:2015年7月8日 更新日:

Web Design Tips

FireworksのJPEGマスクで部分的に圧縮率を変えて、JPEG画像を圧縮する方法の覚書です。

画像全体の圧縮とは別に、JPEGマスクで指定した部分の圧縮率を変えることができ、重要な部分のみを高画質で書き出すこと等ができます。

スポンサーリンク

FireworksのJPEGマスクを利用した画像圧縮の方法

目次

  1. 手順1 JPEGマスクの設定
  2. 手順2 圧縮率の設定
  3. サンプル画像
  4. 参考図書

手順1 JPEGマスクの設定

圧縮率を変えたい部分を選択ツールを使って選択後、
[変更]→[JPEGマスクの設定]→
[選択範囲をJPEGマスクとして保存]を選択し、JPEGマスクを設定します。

img01

手順2 圧縮率の設定

書き出したいスライスを選択後、最適化パネルの

「画質」で画像全体(JPEGマスク外)の圧縮率
「圧縮率による画質」でJPEGマスク内の圧縮率

を設定し、スライスを書き出します。

img02

サンプル画像

↓圧縮前の元サンプル画像(332KB)と

dez_013_sample_before

↓「画質20」「圧縮率による画質100」で圧縮後のサンプル画像(142KB)です。
※違いがわかりやすいように圧縮率を大きく変えています。

dez_013_sample_after

参考図書

参考にした図書はコチラ

以上

この記事では、FireworksのJPEGマスクで部分的に圧縮率を変えて、JPEG画像を圧縮する方法をご紹介しました。

スポンサーリンク

-DESIGN, TIPS, Webデザイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MadiaMarkerメディアマーカー

Maerchen_Diverグッズ